都市伝説の多い自己破産、正しい理解できちんと手続きを

法律に詳しくない人でも、自己破産という言葉は知っている人も多いです。自己破産とは簡単に言ってしまうと、自分の財産を身の回りのもの以外すべて処分します。それでも残った債務はすべてチャラとなる方法です。債務整理の中でも究極の借金整理法といわれています。

 

自己破産という言葉は広く浸透している半面、間違った認識をされている傾向も見られます。以下のような自己破産に関する、いわば都市伝説のような話を聞いたことはありませんか?

 

自己破産をするとローンは一生涯組めない、免許証や戸籍に情報が残る、会社を解雇される、選挙権を失う、貯金ができなくなるという話を聞いたことはありませんか?また家族を持っている人は、家族に影響が及ぶという話を耳にしたことのある人もいるかもしれません。家族が借金の返済をしないといけない、子供の進学や就職に悪影響が出るなどです。

 

上で紹介した話ですが、すべてがウソです。自己破産をして、上のような状況に追い込まれることはありません。ローンに関しては、個人信用情報に事故情報が登録されるのでしばらくは無理でしょう。しかし事故情報は5〜7年程度で消滅するので、それ以降であればローンを組むこともクレジットカードを作ることも可能です。家族の人生に影響が出ることもありません。

 

自己破産をするのは恥ずかしいことであるという人もいるようです。しかし自己破産は借金でどうにもならなくなった人は、人生をリセットするための救済措置です。決して恥ずべきことではありません。

 

自己破産をするには、弁護士のような専門家に相談しましょう。樋口総合法律事務所では、無料相談サービスを行っていて、自己破産に関しての詳しい説明をしてくれます。借金問題に悩んでいるのであれば、気軽に電話やメールで連絡を取ってみてください。

借金地獄脱出の一歩は相談から

公式ページへ


公式ページへ