3つの誘い文句に注意!未公開株詐欺には樋口総合法律事務所が対応

低金利政策が続いていることもあって、預金をしているだけではなかなか利息で資金を増やすのは難しくなっています。そこで個人レベルでも株式をはじめとして投資に参加し、資産運用を行うケースが増えています。そこで投資にまつわる詐欺犯罪も増えていて、社会問題化しつつあります。

 

その中でも、未公開株詐欺と呼ばれる手法が問題となっています。樋口総合法律事務所では、詐欺全般の被害回復を行っています。中でも多く持ち込まれる案件の中に、未公開株詐欺があります。未公開株を買わないかと持ち掛け、資金を巻き上げるという方式です。樋口総合法律事務所に持ち込まれる相談の中では、以下の誘い文句で持ち掛けられるケースが多いといいます。

 

まず「近い将来必ず値上がりするから」というものです。値上がりするのであれば、利ザヤで儲かると思って購入してしまうようです。2つ目に多い誘い文句として、「すでに買取先が決まっているから…」があります。買い手がついているのであれば、売り抜けて利益が上がると思わせるわけです。最後に「○○の銘柄を持っているのであれば高額で買取します」といって、未公開株を購入させて確実に儲かると思わせる手段も見られます。

 

このような3つの誘い文句を言われると、株取引をしている人はどうしても乗りたくなります。買い手がついている、確実に儲かるといえば、目の前にあるかもしれない利益に目がくらんでしまうのが人間です。人の心理を巧みに付け込んで、詐欺を働くのが未公開株詐欺業者の特徴です。

 

「自分は大丈夫」と思っている人はいませんか?しかし思わぬところで足を取られる可能性もあるので、樋口総合法律事務所のような専門家の情報を頭に入れておくことは決して損ではないはずです。

借金地獄脱出の一歩は相談から

公式ページへ


公式ページへ