借金がある・マイホームは手放したくない、そんな人は個人再生すべし

借金が膨らんでしまって、もはや自分ではどうにもならないのであれば、債務整理をするべきです。しかしマイホームを持っている人の中には、せっかく苦労して家を購入したので家だけは手放したくないという人もいるでしょう。実はマイホームは温存しながら、借金問題を解決する方法があります。それは、債務整理の中の個人再生を使う方法です。
個人再生の特徴は、大きく3つあります。先ほども紹介したように住宅を処分せずに、借金圧縮のできる所です。個人再生の中には、住宅ローン特則があって持家を手放さなくていいとしています。

 

2つ目の特徴として、職業や役職に関する就業制限のない点です。自己破産をしてしまうと、特定の職業に制限が加わります。個人再生には、そのような規制はありません。
最後に、借金の理由がいかなるものでも適用される点です。自己破産の場合、ギャンブルをはじめ浪費が理由だと認められない可能性が高いです。しかし自己破産は浪費であっても、手続きは進められます。

 

個人再生は、100万円から5000万円の債務が対象となり、500万円未満であれば100万円の債務に圧縮されます。以下同様に、1500万円未満であれば債務は1/5、3000万円未満であれば300万円、それを超えると債務は1/10に圧縮されます。ただし住宅ローンがある場合には、住宅ローンは除外されるので注意してください。

 

個人再生は論理上自分で手続きを行えるようにはなっています。しかし素人が手続きをするのは難しいので、弁護士などの専門家に代行してもらうのが一般的です。樋口総合法律事務所では、着手金などの初期費用なし、分割払いなどにも対応しています。無料で相談できるので、まずは相談してみるのはいかがですか?

借金地獄脱出の一歩は相談から

公式ページへ


公式ページへ